飯塚秀樹オフィシャルサイト

UFOを現実的な問題として世に訴え続ける飯塚秀樹の情報発信局

E-mail:info@ufoizm.info

エリア51、米国政府確認

エリア51、米国政府確認

8月18日、19日、日本の主要新聞は米国政府(新聞によって中央情報局=CIAとしている新聞もある)が、ついにエリア51を確認したと報道した。これは17日のワシントン・ポスト紙(電子版)が「政府(CIA)がついにエリア51の存在を認めた」と伝えたものである。エリア51はこの20年くらいの間、墜落UFOとその乗員である、エイリアンの死体を隠しているのではないかと常に噂のたえなかった場所である。
 エリア51は米国ネバダ州ラスベガスの北西130キロの(これも新聞によって200キロと言うのもある)ネリス空軍基地の中にある。この基地も日本の感覚からすると、とてつもなく広い。東京都全体くらいの広さらしい。今回も機密指定を解除された公文書により発覚したのだが、それによると同基地では東西冷戦期にアメリカの初代偵察機U2機の飛行実験などをしていたと言うことで、当然のことだが、直接UFOや宇宙人などのことには触れられていない。しかし米国政府がエリア51を公式に認めたと言うのはとても大きなニュースである。今後UFOや宇宙人などに関する情報が、少しずつ公表される可能性もあるのではないだろうか。とても複雑な経緯になりそうだが、今後の成り行きを注目したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です