飯塚秀樹オフィシャルサイト

UFOを現実的な問題として世に訴え続ける飯塚秀樹の情報発信局

E-mail:info@ufoizm.info

NHKに変化か・・・

NHKに変化か・・・

 会長や経営委員の国家観や歴史認識に関する発言を巡り、批判にさらされることの多くなったNHKだが、ことUFOや超常現象に対する番組作りには変化が見られ始めている。BSプレミアムではすでに超常現象を専門に扱う番組もあるし、2012.11.12にはUFOの特集番組が作られている。今年2014.1.18にも「秘められた未知のパワー超能力」が放送された。地上波でもEテレが2013.6.9に正統派の科学番組である「サイエンスZERO」でUFOを特集している。こうなると本丸であるNHK総合のしかもゴールデンタイムにいつ登場するかと思っていた。そしてそのNHK総合でも、ついに先日2014.3.22しかも夜9時と言う時間帯でBSプレミアムで2014.1.18の番組が放送された。BSで最初に放送して様子を見てから地上波のEテレ、そして総合と言う手順なのだろうか。NHKはUFOや超常現象に関する番組は放送しない方針と聴いていたので、この変化は何を意味するのか?権威化するつもりはないがNHKがゴーデンタイムでしかも、地上波総合放送でマジメに取り上げると言うのはそれなりの意味がある。21世紀に入り、UFOや超常現象と言ったテーマが、やっとまともに取り上げられてもいい頃だと言う認識が出始めたのか?NHKにこのような大きな世界観がでてきたのだとしたら、偏狭なナショナリズムにもとづく発言をするような経営陣はまったくふさわしくない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です